ゆうちょ銀行の学資保険の詳細について

一般に「ゆうちょ銀行の学資保険」と言われているプランは、かんぽ生命の提供する「学資保険」です。 郵政民営化によって、郵便局はゆうちょ、かんぽ生命など各専門分野ごとに細かく分類されます。 このプランはかんぽ生命によって引き継がれました。 以前は、貯金もその他の業務も全て同一の窓口で処理されておりますので、やはり、お金を借りるのに行ったのにこのような商品をあります。 欲しくもないのに強引に勧められるなどしていたためか、こうして民営化された後も「ゆうちょの学資保険」というイメージがかなり強く残っているのかもしれません。 現在は完全に法人が分離されたため、お近くの店舗の窓口で、無理に勧誘や勧められると言う事はありません。 あまり、無駄にはお金を掛ける時代ではなくなってきましたが、これはどちらかと言えば安心を買うという意味で捉えて利用される方は多いようです。

かんぽ生命の学資保険は満期を選べる

ゆうちょ銀行が取り扱っているかんぽ生命の学資保険は、満期の年齢を12歳から18歳まで自由に選ぶことができます。 メリットとしては、払い込みした保険料くらいは最低限戻ってきて、加入期間中に病気や入院になったら特約として給付を受けれるようになっています。 一般の法人の生命保険と比較してもかんぽ生命のはお得感が強く、外資系の保険会社も目を付けるほどのものなので、学資保険で迷ったらゆうちょ銀行が、通常はお勧めになります。 小学校入学、中学校入学、高校入学、大学入学と段階的に必要な時に満期をずらして受け取るプランやサービスも存在している学資保険なので、まずは自分のお子様がどれに適しているか相談してみましょう。 2017年現在ではマイナス金利になり各種保険会社も厳しい状態になっています。 これは元々国が運営してたゆうちょ銀行なので優遇度が高くなっています。 特約で最大で設定できる保険料は650万円でそれ以上は現状は出来なくなっています。

大きく分けて2種類のゆうちょ銀行の学資保険プラン

ゆうちょ銀行の学資保険と言われているかんぽ生命の商品は、2種類あります。 一つはこれまで郵便局での窓口扱われていたものの後継で「学資保険」です。 そして、もう一つは育英年金保障がプラスされたもので、やはり郵便局時代の後継です。 いずれも私立高校の進学に備える事をコンセプトにしたもので、ベースはかんぽ生命の学資保険となっており、郵便局の窓口で取り扱っています。 お金がもしもの時に嬉しいことに戻ってくるというより今後に備えるという感覚の方がこのご時世は結論良いのかもしれません。

ゆうちょ銀行の学資保険とは従来と何が違う

かんぽ生命の満期年齢は15歳、18歳、22歳の3種類、基本契約は、生存付22歳満期、生存付18歳満期、18歳満期、15歳満期の4種類があります。 また、最大で3種類までの特約を付加する事ができます。 さらに、学資保険の契約者が、万一、事故や病気で死亡するなどした場合には、それ以降の支払いは不要となり、契約は継続されます。 金額は50万円から500万円までの範囲内となっており、加入できる年齢は、契約者が男性の場合は18歳から65歳まで、これは女性の場合には16歳から65歳まで、対象者は0歳から12歳までとなっています。 ここではお金を払う事が家計上、万が一厳しくなったら解約をして借りる事も可能です。

新育英学資はかんぽ生命の新学資をベースにし、育英年金保障をプラスしたプランです。 育英年金保障とは、契約者が万一死亡するなどした場合に、被保険者の育成を支援するために期間満了まで年金が支払われるものです。 また、学資保険がベースになっている事から、契約者が死亡するなどした場合には、以降の支払いも不要となります。 子供の将来のためにお金のバランスを考えなくてはいけません。

ゆうちょ銀行での特約や支払われるお金を把握しておきましょう

かんぽ生命の学資保険および新育英学資は、最大3つまで特約を付加する事ができます。 付加する事のできる特約は「災害」「無配当傷害入院」「無配当疾病傷害入院」の3種類です。 災害は万が一、不慮の事故などによって死亡した時、所定の身体障害状態となった時のいずれかの場合に保険金が支払われるものです。 無配当傷害入院は、対象者が不慮の事故による怪我で入院した時、入院し高度な手術を受けた時、一定期間の入院をした時に支払われます。 また、無配当疾病傷害入院は、無配当障害入院特約に病気が含まれたもので、病気による入院や手術も学資保険は保障してくれます。 お金で安心を買うわけではありませんが加入していることで何かあった時に借りる事ができます。


ゆうちょ銀行でお金を借りる.jp

このページの先頭へ