ゆうちょ銀行の住宅ローン

ゆうちょ銀行では、スルガ銀行の行う住宅ローンを媒介しています。 つまり、ゆうちょ銀行で直接審査して、住宅ローンを組んでお金を借りるという事はできませんので注意しましょう。 また、ここでは多額なお金の融資を受けるわけですから借り入れ先の選択は毎月のコストである金利の面も踏まえていきましょう。 ここから更に慎重にならなくてはいけませんから、単純に家から近いなどの理由で選んでしまわないように細かくチェックをして注意しましょう。

さまざまな生き方に対応したゆうちょ銀行の住宅ローン

ゆうちょ銀行が媒介しているスルガ銀行の住宅ローンでお金を借りるお得な金利のプランは、安定収入の得られる大企業勤務の人ばかりでなく、個人事業主や若い独身女性、シニア世代などの人たちも対象として住宅ローンを提供しています。 これまで、収入面で審査に不安のあった個人事業主や定年退職したシニアでもです。 このように住宅ローンを利用する事ができる可能性が必然的に高まります。

青色申告の個人事業主を対象とした住宅ローンでお金を借りたい方へのプラン、設立からの事業年数の長さは問わず、お金の融資限度額は10万円以上2億円以内、期間は1年以上35年以内としています。 利用するための諸々の条件は、日本信用生命保険に加入できるほど健康な事です。 また、10年以上の日本国籍を有している事(永住許可を得た外国人も可)、個人事業主である事です。 すでに借り入れがある場合には6か月以上の遅延なく清浄返済を行っている事です。

働く女性や独身女性などを対象とした審査基準の住宅ローンでお金を借りることができます。 最も大きな特徴としては、繰り上げ返済の手数料が掛からない全部無料である事などです。 お金の融資金額は10万円以上5千万円以内、期間は1年以上35年以内の金利となっています。 これを利用するための条件は、個人事業牛の場合と同様に、「日本信用生命保険に加入できる事、日本国籍を有している事、また勤続年数または経営年数が3年以上である事、すでに融資を受けている場合には6か月以上の遅延なく正常返済している事などです。

ジスペリン効果

ゆうちょの住宅ローンは利息が高いけど審査が緩い

一般的に住宅ローンの審査で最初に見られるのが、CIC、JICCの個人信用情報で過去5年の間に延滞の履歴がないか、消費者金融やクレジットカードのキャッシングを過去にしてないかです。 銀行系の住宅ローンでは消費者金融でお金を借りているような人は将来に渡って返済は難しいだろうということで却下になってしまい、この点に関してはゆうちょが甘いということはありません。 審査はスルガ銀行が行っていますが、金利が他の都市銀行に比べて高い分、十分な金額が借りれない年収の低い人向けになっています。 審査が甘いというのは年収に対しての借入できる金額なので、過去にブラックな情報があっても大丈夫かというと難しくなります。 ゆうちょで住宅ローンの申し込みをするメリットはあまりなく、大手の銀行の方が安く済むし安全だと思います。

アクティブシニア応援型

50歳以上のシニア世代が利用できる東京の都内に新築の家を購入する際のゆうちょ銀行で借りる新設されたお得な金利のプランです。 これまでの個人の実績を評価してくれるため、65歳以上の年金暮らしの人や無職の人でも利用する事ができる審査が緩いタイプのゆうちょ銀行の商品です。 また、他のタイプの住宅ローンと大きく異なる点は、日本信用生命保険への加入が強制ではなく自由で任意である事です。 融資金額は10万円以上1億円以内、期間は幅があり1年以上30年以内となっています。 ここでの利用の条件は、日本国籍を有している事、借入時の年齢が50歳以上75歳未満であります。 また返済終了時の年齢が82歳未満である事、末に住宅ローンでお金の借り入れは、6か月以上の遅延なく正常返済している事です。

親孝行応援型

遠く離れて暮らす家族へのお金を送るのではなく戸建てのリフォームなどの喜ばれるプレゼントに借りるプランです。 融資金額は10万円以上1億円以内、期間は1年以上35年以内となっています。 また、このような細かい金利の利用条件は、審査の段階で日本国籍を有している事、また日本信用生命保険に加入でき、借入時の年齢が20歳以上70歳未満かつ返済最終時の年齢が82歳未満である事、勤続年数または経営年数が3年以上である事、すでに住宅ローンがある場合は、6か月以上の遅延なく正常返済している事が審査項目です。


ゆうちょ銀行でお金を借りる.jp

このページの先頭へ