ゆうちょ銀行でお金を借りるには何が必要か

財形関連の定額貯金を利用している場合や、総合口座で管理される定額や定期で貯金を利用している際に、これらを担保にすれば、ゆうちょ銀行でお金を借りる事ができます。 急にお金が必要になった場合でも、慌てて定額や定期の貯金を解約することなく、資金を用意する事が可能です。 郵政民営化もありますが、基本的には店舗数、安心感共にメガバンク以上のポピュラーな人気を誇っていますので一般的にはお金を借りる際の金融機関としても優先順位は高いと言えます。

カードで無審査での借入の方法

財形貯金を担保にしたゆうちょ銀行の貸付

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法の一つとして、財形関連の定額貯金を担保にした貸付があります。 財形関連の貯金とは、具体的には「財形」「財形年金」「財形住宅」の3つを指しています。 借り入れ可能金額は、いずれの定額貯金を担保にした場合も、請求時点における残高に利子をプラスした金額の90%相当額を限度とし、最高300万円までの範囲内となっています。 お金の借りる期間は、最長でトータルで2年間です。 ただし、借入期間中に担保にしている財形関連のご利用のプランが満期を迎える時には、満期日までが貸付期間となります。 また、利率は返済時における約定利率に0.25%上乗せしたもので、返済方法は「金額と利子」をゆうちょ銀行の窓口で直接返済する形となります。 さらに返済回数は1回から4回の範囲内で選ぶ事ができますので、万が一お金を借りる場合、特に無理のない安心できる返済計画を立てる事が可能です。

即日体験入店の給料や条件

ゆうちょ銀行の定額・定期貯金を担保にしたお金を借りる方法

ゆうちょ銀行でお金を借りるもう一つの方法として、総合口座で管理している担保貯金および定期の貸付があります。 定額および定期貯金を利用している総合口座において、残高を超える払い戻しが行われた場合、自動的に不足分を貸し付けるもので、貯金担保自動貸付とも呼ばれます。 借入可能金額は、口座に預け入れている金額の90%相当額を限度とし、1冊の通帳につき300万円までの範囲内です。 また、貸付期間は最長で2年間ですが、期間中に担保としているご契約中のプランが満期を迎える際には、満期日までとなります。 利子は数字的には、定額を担保とした場合は返済時における約定利率に0.25%を上乗せしたものが、定期では預入時の約定利率に0.5%を上乗せしたものが適用されます。 返済方法は、金額と利子を、総合口座へ入金する事で自動的に行われます。 この場合の返済金額や回数の設定は特になく、期間内に自由自在に行う事が現段階では可能です。 また、回数にも現状では制限はありませんので、急に何らかの理由で現金が必要になった時にもです。 結果に焦って利子の高い消費者金融などに相談するよりも、ゆうちょ銀行でお金を借りる事を検討した方が安全です。

ゆうちょ銀行でのお金の借り入れが幅広い年齢層に人気の秘密は?

日本では生活をしていく上でお金を借りずに全てを現金による一括払いで支払いをしていく事はよほどの裕福な家庭でない限り難しいです。 不動産や住宅、マイカーだけでなくリフォームや教育資金にもローンを組むのは現在では当たり前になってきます。 そんな時に重要視されるのが使用する金融機関です。 近年では駅前や繁華街のコンビニエンスストアのATMや駅の中にキャッシュディスペンサーがあったりと、ゆうちょ銀行でなくてもお金の出し入れはしやすくなりました。 しかし、その利便性だけでなく大型のローンを組む場合は金利や手数料なども考えていかなければいけません。 一回の支払額は大したことがないように感じても、年に12回を35年繰り返したら420回になり、仮にその時に発生する額が500円だった場合には20万円以上が発生する事になります。 そうなると無暗にけち臭いなどとは簡単には言っていられません。 ですからどこを利用するかのチョイスは家からの距離だけでなくそのような面も計算する事によって結果的には節約にもつながります。 ゆうちょ銀行がお金を借りる際にも男性女性や年齢層を問わず人気なのがやはり安心感とATMの数、利用者数やオークションなどの際の便利さなどが多くのメリットとして挙げられています。

お金を借りる事に対しての安心感がゆうちょ銀行にはあります

郵政民営化によって国が運営する形ではなくなった郵便局の事業ですが、それでもやはり日本の国民にとって安心感があり安定感があるというイメージはゆうちょには強くあります。 基本的には三井住友や東京三菱UFJ、みずほなどの所謂メガバンクと呼ばれる銀行と変わらない機能を持っていると言えます。 ただし広告やプロモーションとしての戦略がそれらより弱い事、あまり派手な打ち出し方をしていないことなどが理由でクレジットカードやローンなどのキャンペーンやプランの印象が薄いのではないでしょうか。 カードローンはスルガ銀行と提携しているため独自ではないのですが、プランとしては住宅も教育もマイカーも事業用も用意されていますし、金利を比較しても大差ない数字となっています。 近年では他社のように人気のある役者や俳優などをテレビCMに起用する事によって若者からの支持を受ける努力をしていますが、基本的には年配者の利用者が割合としては多いです。 郵便貯金やかんぽ生命保険などは認知度が高く、同じような内容であるならば安心度からゆうちょを選択するというお客様の傾向があります。 それはやはりいくら民営化したとはいえ日本郵政グループの世間的な評価のイメージの歴史の長さと、コンビニエンスストアが探しても見つからないような地方の町や村に行っても郵便局はあるという点ではないでしょうか。 実際には2012年からのスタートですので始まったばかりなのですが、そのように感じている国民は少ないのではないでしょうか。 会社としては破綻してしまったり信用を失ってしまうリスクはゆうちょは低いという心の中に潜在意識があるようです。

このページの先頭へ